2014年06月30日

批判する人達。。

先週末は雨で虫捕りは出来ずあせあせ(飛び散る汗)・・・娘の試合テニスも負け・・・ん〜〜気分も梅雨(汗)たらーっ(汗)


今朝、面白い記事を見つけました

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

世の中には「何でも嫌う人」がいる:研究結果

99u:あらゆる批判を回避する方法がひとつだけあります。何も言わず、何もしないことです。しかし、批判を避け続けていれば、いつか道を誤ってしまいます。

前進とは常に摩擦と出会うことです。どんなに立派な作品も、批判を避けては通れません(また、そうであるべきです。批判はあなたを磨いてくれます)。しかし、ある研究によると、批判者の中には本質的に有害な人たちがいるのだとか。一部の人は本質的に「何でも嫌う人」たちであり、欠点ばかりに目を向けるのだそうです。

----途中省略----

そして最後にもうひとつ。批判者になるのは簡単です。誰からも攻撃を受けず、何のリスクもありません。一方、創作者になるには「勇気」が必要です。


2014.06.29 22:00

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

>一部の人は本質的に「何でも嫌う人」たちであり、欠点ばかりに目を向けるのだそうです。

↑そうそう、これこれ。。これですよ、私がいつも思う人達。。。。

いつも批判ばかりする人達。。

何の話でも批判する・・・例えばワールドカップの話でも、選手や監督を批判する。。でも自分はサッカーは上手くない。。

うちの子供たちが頑張っているテニスや空手でも、コーチや先生達を批判する親も多い。。でも自分は出来ない。。

他人の提案は否定。。。しかし自分は代案は出さない。。

自分はいつも上から目線で偉そうな事は言う。。。しかし自分は何もしない、出来ない。。

こういう人達が最近多い?・・・昔からいたのかも知れないが、最近目立つ??

物質的に豊かな世の中で感謝という気持ちが無くなったからなのかな??

サッカー日本代表やコーチや先生や提案を出す人達に感謝すればいいのに。。


指示待ちの人も本質はそうなんだと思うんですよね・・自分から何もしなければ批判はされない・・・指示された事だけやり、ミスすれば指示ミスだと言う。。でも、結局その姿勢自体を「指示待ち」と批判される(笑)

いやいや、もしかしたら社会が批判ばかりする雰囲気が強くなってきたために、その批判を避ける為に「指示待ち」になってしまったのかも知れない。。

どちらにしても批判ばかりする人間自体に問題がある・・・と、私も批判する人間を批判しはじめた(笑)・・・またもや負の連鎖(汗)たらーっ(汗)

確かに子供のテニスにしても、コーチによっては「何でミスするのexclamation&questionというような事を言う人もいるようだし。。そういうコーチは批判されても致し方ないような。。。。普通、子供達には「こうすればミスは減るexclamationというコーチングが必要でしょ・・・それがコーチの仕事手(グー)。。

では何故そういう有害な人達は批判ばかりするのか・・・何かに不満があるんでしょうか。。

気持ちのいい時に見る青空は凄く爽快にも見える・・・気持ちが落ち込んだ時に見る“それ”とはまったく別物。。

結局、満足してない人達が増えたんだと思うんですよ。。しかも、自分ではどうにもならない状況なのかも。。

みんなが満足できる社会になれば解消されるんでしょうかね??・・・・それは難しいぞ(笑)。。



ラベル:独り言
posted by excel-cg at 13:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。